ステキな4コマ

毎日更新。実家の茶の間のようなコンテンツを発信。

ミスドのなんかおいしいドーナツ(ヨロイヅカ式)を食べた その2

あのミスドのなんかおいしいドーナツを食べてから数日、私たちはあの美味しさが忘れられなかった。チラシからクーポンを切り取ったのだが、そのチラシを捨てられずにいた。チラシをまじまじと眺めては、「おいしかったね〜」と話す私たち。そこで、おかわり…

スタバの「あんバターサンド」とはいかなるものか

この前ようやくスタバのあんバターサンドが食べられたので、ガバガバの食レポを投稿。この食べ物に注目が集まる理由は、私ら親子がドライブスルーで買いそこねたためだ。マイクで注文を終えて会計に向かっている途中で在庫がなくなったらしく、お店の方が平…

ミスドのなんかおいしいドーナツ(ヨロイヅカ式)を食べた

ある日、エンゼルフレンチが食べたくてミスドで買ったところ、なんか美味しそうなドーナツのチラシがついてきた。「ヨロイヅカ式ガトーショコラドーナツ」。生クリームとチョコを贅沢に使っていそうな外観とフランスっぽい名前が期待を煽る。「これはぜひ食…

「岸辺露伴は動かない展」に行ってきた

「高橋一生」という役者の名前を覚えたのは、この作品のおかげだった。ふだん役者の名前に全然興味がないので、他に知っているのはパタリロを唯一演じられる人類「加藤諒」のみ。 ある日、実家の茶の間で寝転がっていたところ、NHK仙台で「岸辺露伴は動かな…

製造流通小売のつまみ食い疑惑が出る。井村屋「たい焼アイス」

私の好物はたい焼きだが、アイスになったたい焼きも好物である。しかしこの「たい焼アイス」、なかなかお目にかかることができない。おいしいのに売り場に並ばないということは、どう考えてもあまりの美味しさに製造、流通、小売がそれぞれつまみ食いしてい…

おじさんが体を張るのを楽しむ番組「サンド道楽」

東京の自宅ではBS放送が見られないので、帰省してサンド道楽(読み:さんどうらく)の録画を見るのが私の楽しみであった。しかし、この度なんと番組が終了していることが明らかになった。ホームページのお問い合わせから応援メッセージも出したのに!今回の話…

全然グロテスクではない映画でほぼ失神した。「1917 命をかけた伝令」

「何やっとんねん」という話だが、そういう目的でない映画で失神しかけた私。問題の映画は「1917 命をかけた伝令」。映画の出来が良すぎてなんだか怪我や血を生々しく感じて血の気がひいてトイレに避難したのだと思う。 1917 命をかけた伝令 [DVD] ジョージ…

謎の6カ国語本「POCKET INTERPRETER」

今回は、ばーちゃんちのトイレに置いてあった6カ国語の本の話。JTBとか航空会社が出しているやつらしい。昔じーちゃんが使っていたらしいものをもらってきた。じーちゃんは英会話と中国語会話を習っていたのだが、身についている様子は無かった。 これはアジ…

【宮城県のポコ●ンという名言】サンドウィッチマンのラジオやらせろ! 所ジョージの回(?)について

先日の所ジョージの話の出どころ「サンドウィッチマンのラジオやらせろ!」の話である。この回は単品でおすすめ。サンドがM1優勝した直後くらいの話で、「すんごいですね~」が多用されている。伊達ちゃんも言っていたが、私も本人が言っているのを聞いたこ…

所ジョージの「すんごいですね~」の話

今回は、絶望のコスメ記事とは打って変わって私の大好きな分野を。所ジョージの「すんごいですね~」の話。知ったきっかけはこれまた大好きなサンドウィッチマンのラジオ。これ単体で所ジョージ以外にも面白い話があるので単品記事がのちほど書く予定。 トミ…

「自由が丘はケーキが美味しい」という大発見。カフェ&ブックス ビブリオテーク

私は自由が丘にとても偏ったイメージを持っていた。自由が丘にはおしゃれなイメージがあることは確か。ケーキや甘いものもたくさんあることは聞いていた。しかし中身は虚構だと思っていたので、土地代が9割で食べ物は実は美味しくないのではないかと考えてい…

実質33.33円で見られるヴィンテージライターの世界。たばこと塩の博物館

右上部の丸っこいライターが可愛いので見てみたかった スカイツリーなんぞ浮かれた軟弱者が行くところだ!という硬派な皆さんが押上付近で訪れるのはもちろん「たばこと塩の博物館」。ここの企画展で、古今東西のライターを見てきた。規模も小さいが入場料た…

ダイエット目的で買ったバニラの香水。ジャンヌアルテス ギュペシルク

香水を持つきっかけは「食べ過ぎの防止」というおしゃれ心の欠片もない私。バニラの香りは食欲をおさえるという話を聞いて、バニラの香りの香水と検索して出てきたジャンヌアルテスのギュペシルクというものを買った。噴霧直後はバニラの香りで、最終的にチ…

「メニューより実物がでかい、コメダ珈琲以外の喫茶店」 日本橋高島屋 黒澤文庫

週に一回以上は勉強や創作でカフェを利用する私のカフェ紹介。カフェを利用するのは朝が良い。なぜなら、モーニングは安いから!500円とかそこらで早起きして勉強やアウトプットをする習慣がつくのならば、それは安いものだ。夕食は500円では到底済まないし…

ほぼ日手帳weeksの使い道は「予定」+「できたことノート」

はじめて、ほぼ日の直販店「tobichi」へ行ってほぼ日手帳weeksを買いました。それにしても神保町にあるとは知らんかった。ほぼ日の会社のビルの中に売り場があるから出来立てを売っている農家のようなもんか。とれたての新鮮なほぼ日手帳は11月の終わりくら…

100円ショップで買ったもので、100円分以上は使い倒しているもの

最近の100均の品は質が高くてかっこいい・かわいいものが多くなってきた。15年以上前とかはとんでもないどピンク・どブルーの学校教材よりダサいプラスチックバケツとか、描けない鉛筆とか、毛の抜けまくるホウキで玄関がさらに汚れるとかだったのに。 最近…

劇団四季「オペラ座の怪人」を観に行ってきたよ

今回は、正月早々家族で劇団四季の「オペラ座の怪人」を観てきたので、その報告である。東京エレクトロンホール(宮城県民会館)で公演された。ここには報告と、トイレ情報などを記載する。詳しくはこの後の目次を参照。 「オペラ座の怪人」は、ほとんどの人が…

味とツッコミどころが魅力。三立製菓 かにぱん

今日は、かにぱんについて紹介するカニ!しかし、かにぱんの立場でカニカニ言うのは、とんかつ屋の箸袋とかに描いてあるブタさんが「おいしいブ~」と言っているかのような感じで変だからいつもの口調に戻す。 かにぱんの概要 かにぱんは、三立製菓株式会社…

ちびまる子は、さくら家の醜態をもっと晒せ

早速だが、最近のちびまる子はマイルドすぎる!家族愛とかほのぼの話はサザエさんで見るからいいんだよ、もっと水虫の話とか、すべきことがあるだろう!と思う私がお話する、ちびまる子の真髄。 ろくでもない話こそがちびまる子の真髄 ちびまる子の真髄は「…

アンジェリークのすすめ

アンジェリーク大好きな私が、めくるめくアンジェリークの世界にお嬢ちゃんたちをご案内! 「アンジェリーク」とは アンジェリークは、二人の女王候補の少女が、惑星の次期女王となるべく試験を受ける物語で、試験内容は大陸の育成である。女王候補たちは、…