ステキな4コマ

ごきげんよう。毎日更新の4コマである!えらいね!

【10/15更新】このページについて&キャラクター紹介

★このページについて★ 

ごきげんよう!私が支配者のダンディである。

このページには、私が描いたリアリティあふれる迫真の4コマが掲載されている。

4コマのセリフは横書きなので、左から右に読んで欲しい。

 

★運営者情報★(10/15更新)

ダンディ (美麗なプロフィール画像は、ミュシャ「パリ・イリュストレ」

の表紙のパロディ」)

プロフィール(パリ・イリュストレのパロディ)

本ページの支配者にして4コママンガの主人公。

家族のおかしな言動を4コマにして掲載している。

 

ラブレターの宛先・連絡先は

jokerdandyjoker★gmail.com (★は@に変更すること)

 

★最近のハイライト★

1.ミュシャ展へ行こう

4コマBlogながら、ダンディ様の文才が炸裂!

ミュシャ展の記録をイラスト付きで記した大傑作記事に刮目せよ!

 

2.累計1,000pv突破

8/26の時点で累計1,000pvという大偉業を達成。

私の美しさも存分に詰め込み、1,000pvを祝うにふさわしい内容になっているので、

最初の一読にお勧めである。

次の達成祝いは...5,000pvである!

 

Twitter

更新情報と、

4コマ以外の漫画・小ネタを掲載!

 

★キャラクター紹介★

20180915122743

私(ダンディちゃん)

主人公。

頭脳と美貌に定評がある。

ツノのような髪型が特徴。

デーモン閣下と、北斗の拳と、真・女神転生とたい焼きが好き。

代表作:手術説明を受けよう

 

20180915122740

妹(エッティちゃん)

よく姉に間違われる妹。ウェーブヘアが特徴。

姉への辛辣な発言に定評がある。

カフェ風の家具と、桃が好き。

 代表作:教授にメールを送ろう

 

20180915122737

私たち姉妹という大傑作を世に放った。

パーマヘアが特徴。

ズボラな考え方に定評がある。

BL小説が好き。

20180915122735

私たち姉妹という傑物を母とともに世に放つ。

ギターの顔が特徴。

集団行動に定評がない。

リラックマキイロイトリが大好き。

 代表作:のりたまで食べよう

 

じーちゃん

じーちゃん

母方の祖父。元自衛隊

五分刈りの髪型が特徴。

あらゆる発言と、物忘れに定評がある。

相撲とバナナが好き。

主人公である私の次に大人気のキャラクターである。

代表作:甲子園を見よう

 

ばーちゃん

ばーちゃん

母方の祖母。元自衛隊食堂のおばちゃん。

母より強めのパーマヘアが特徴。

料理の腕と、じーちゃんとの掛け合いに定評がある。

相撲と明太子が好き。

代表作:名前を覚えよう

 

おじさん

おじさん

我が一族の総ツッコミ役。

じーちゃんばーちゃんの扱いと、野鳥の知識に定評がある。

 代表作:おくすりを飲もう-2

おばさん

おばさん

母の姉(3人姉妹の長女)にあたる。

バイト先の愚痴に定評がある。

代表作:アドバイスをしよう

 

プライバシーポリシー

『ステキな4コマ』は、広告サービス(GoogleアドセンスAmazonアソシエイト、忍者Admax)を利用しています。

 

『ステキな4コマ』では、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

 

それではまた、ごきげんよう

 

 

タンタンメンを食べよう その2

ごきげんよう!

今回は、前回の続き。タンタンメンをタンメンの親戚だと思って食べ、からい思いをした父の話の後日談。母からその話を聞かされ、ダンディちゃん持論を語る。

タンタンメンを食べよう その2

タンタンメンは、タンメンより何かしらがパワーアップしていることが伺い知れる。この場合は、からみが強まっていたということだ。父は油断しすぎなのだ。

それではまた、ごきげんよう!

タンタンメンを食べよう

ごきげんよう!

今回は、父と母の話。カップのタンタンメンをからいからいと食べる父。そこには驚愕の真実が...!?

タンタンメンを食べよう

タンタンメンは赤いものが載っているので、からいとわかりそうなものだが、タンメンの親戚だと思って購入してしまった父である。父はちょくちょくこういうことをやらかしては漫画のネタになっている。

それではまた、ごきげんよう!

忘れ物を確認しよう

ごきげんよう!

今回は、ばーちゃん家から帰る時の様子である。ばーちゃん家で過ごし、そろそろ日も傾いてくる頃。夜道が危険だからと私達を追い出しにかかるジジババ。忘れ物が無いようチェックするが...!?

忘れ物を確認しよう

悠々自適の年金ぐらしなのになぜか現金に執着するじーちゃんであった。

それではまた、ごきげんよう!

【語り継がれるべき名作】「まるちゃん ブロマイドをなくす」を見よう

ごきげんよう!ダンディである。

今日は、ちびまる子ちゃんの話。なぜそうなったかと言うと、下記のとおりである。

 

なぜこの記事を書いたか

 

先日手に入れたイヤホン試し撃ちをしようと、手始めに、AmazonPrimeのちびまる子ちゃん第1期を視聴したのである。

「まるちゃん ブロマイドをなくす」という、どう見ても面白そうな予感のタイトルから視聴したところ、たいへん面白かったので、全世界に広めようという運びとなった。

 

私は、ちびまる子の真髄は「まる子がろくでもないことをしでかし、結果として自身に不幸が降りかかり、あげく母親に怒られる」系の話にあると考えている。

現在のテレビ放送ではほのぼの路線だが、第1期はこのような展開が目白押しで、ギャグの頻度とキレが素晴らしい。

 

件のストーリーについて

 

ストーリーは、お姉ちゃんが錦野旦のブロマイドを入手して、それを学校へこっそり持ち出したまる子が失くしてしまい、姉に気づかれないように必死で隠し通す話である。

 

テレビに錦野旦が出るや姉の意識をそらすためにチャンネルを変えたり歌を披露したりするまる子。

しかし変えた先のチャンネルがとても家族の夕飯で見るものではなかったり、披露した歌が山口百恵の「青い果実」で、母親から「その歌は人前で歌っちゃ駄目って言ったでしょ!」と怒られたりと散々な成果に終わるシーンが最高であった。

 

時間が経つにつれ不安にかられていくまる子と、ブロマイドを手に入れて上機嫌なお姉ちゃんの対比が美しく、芸術とさえ呼べる作品である。

 

衝撃のオチは2段構えになっているので、ぜひ視聴してもらいたい。Prime会員ならば義務教育レベルでおすすめである。

 

他の話も見てみると...

 

ちびまる子ちゃん第1期は、総じて面白い。この話以外でも、

 

・ナレーションが学校の鶏に対して「なんの面白みもない品種」と辛辣に紹介したり

・やむを得ない事情があるとはいえ花輪くんがズボンを脱いだり

・おじいちゃんが現在のテレビシリーズよりボケていたり

さくら家はNHK受信料支払いをごまかしていたり

・「お父さんこのテレビ、バカになってたんだよ~」「バカはお前だ」

・「もう、グレてやる!」「まる子、グレたら見せに来いよ」

 

など、現在のTVシリーズとは違った味わいが楽しめる。コメディ好きのお友達は、見て損をすることは無いと言える。

 

 

注意すべきは、ゲリラ的にシリアスな話が混ざっている点である。離婚話が展開する「お父さんとお母さん けんかする」をうっかり見てしまった私。

 

第1期は演出が巧みで、コメディにかけてられいた全エネルギーがシリアスにかけられ、それをモロに浴びて具合を悪くしかけた

お姉ちゃんが最後の最後まで泣かないところが、本当に涙を誘う作品であった。

 

 

総じて、ちびまる子ちゃんの第1期は楽しく、ブログ執筆のお供にもってこいである。先日のワイヤレスイヤホンを装着しながら楽しんでいる。

Prime会員のお友達はぜひ作業片手間にでも楽しんでもらいたい。

それではまた、ごきげんよう!

 

ワイヤレスイヤホンを試そう

ごきげんよう!

本日から「ステキな社会人」編もスタートするぞ!職場には漫画のネタが盛り沢山である。ダンディちゃんはどうやら仕事もしているようである。

昨日、ワイヤレスイヤホンを購入する記事を書いたので、それに関連する内容である。今回は、隣りに座っている仮田さんから、ワイヤレスイヤホンをお借りする話である。

ワイヤレスイヤホンを試そう

電源を入れた時点でレンタルを終了させた。

耳元から聞こえるお姉さんの声が怖くてワイヤレスイヤホンに手が出なかったのである。しかし月日は流れ、お姉さんの声がマイルドになり、私でも利用できるようになったのである。

それではまた、ごきげんよう!

【君も機械戦士になろう!】イヤホンを新調しよう(SONY WF-1000X)

ごきげんよう!ダンディである。

今まで使っていたイヤホンが壊れたわけではないのだが、人に勧められてイヤホンを新調する運びとなった。ワイヤレスイヤホンである!

WF-1000Xを購入

秋葉原へ降臨した私は、イヤホン専門店で、中古のSONYのWF-1000Xを購入したのである。

イヤホン2

↑画像:SONYのWF-1000X

この使用感に私生活が豹変したので、良いところや感想などを全世界に知らしめようと思い、この記事を書いた次第である。

強いて言うなら、ワイヤレスイヤホンを初めて購入するお友達向けに記事を書いているぞ!(ワイヤレス以外に、どのような特徴があるかを記載。)装着してみて驚いたことや便利なことが書いてある。

それでは早速いってみよう!

 

WF-1000Xの良いところなど

イヤホン3

1.カッコ良くて小型

ワイヤレスイヤホンなら似たような機能が並ぶが、音質に極端にはこだわらない私が決め手にしたのは、カッコいいかどうかである。人から勧められていたので、コレを買うことに決定していたわけであるが。

色はブラックとシャンパンゴールドがあるが、私はシャンパンゴールドを使用。家の白家具に、ケースのゴールドがよく馴染む。落ち着きのある色合いである。イヤホンそのものも、もちろんかっこいい。

そして小型。本体もスマホより一回り小さくて、重さも同じくらい。持ち運びにも最適。私はゲームのコントローラより重いものが持てないので、これが大事である。

 

2.静か

明鏡止水の境地である。iPhone付属イヤホンのときには聞こえていた音がほとんど聞こえなくなる。なにせ耳栓のように装着するイヤホンで、さらにノイズキャンセリングがついていているからな。これでデーモン閣下の美しいお声もゆったり聞こえる。

以上から、人混みに出かけるのが苦手なお友達にはうれしい。普段行けないようなところに出かけられるぞ!無理に外に合わせて音量を上げなくても良くなるため、耳にも良いのである。

 

3.必要な外部音は拾える

アナウンスなどを聞くために、いちいちイヤホンを外すのは煩わしい。しかも耳栓の形をしている以上、外さねばならな場面もあるのか?いや、ない!

このイヤホンは静かに聞こえる一方、音を拾うこともできるのである。耳栓状になっていても、アンビエントサウンドモードで周りの音が拾えるから大丈夫だぞ!

アンビエントサウンド

↑画像:アンビエントサウンドモード。某記事と同じイラストに見えるかもしれないが、錯覚である。

 

4.機械戦士ごっこができる

お姉さんのきれいな声で「Power On」とお知らせしてくれる。まるで機械戦士になったかのような錯覚が味わえ、強くなった気がする。

 充電レベルが下がるとお知らせしてくれる。これも機械戦士っぽくて素晴らしい。ちびまる子ちゃんの視聴途中で唐突に「Prease recharge headset」とメッセージが聞こえたので慌ててケースに戻した私である。

 イヤホン1

↑画像:発光するコア(ただのイヤホン)と機械戦士の手

 

5.注意すべき部分(バッテリーの持ちと、人混みについて)

最後に、使うときに注意が必要そうな点にも気づいたので記載しておく。

バッテリーはフル充電で2時間持つ。ケースに戻せば充電されるので、片道2時間通勤までならほとんど問題ない。ただし、私のように家族と3時間電話するのには向かない(するほうが異常)。

次に、人混みやオフィスビルの近くでは音が途切れることがある。しかし、上記の通り、これを補って有線にはないメリットがワイヤレスイヤホンにはある。音楽が途切れるからと行って有線に戻したりは今の所していない。

美しいまとめ

このイヤホンのおかげで、明鏡止水の境地の境地に達し、普段行けないところへ行けるようになった最強の機械戦士が私である。

それにしてもまさか1店舗目でイヤホンが見つかるとは思わず、購入した後は、秋葉原の街をさまよい、ついでに「あるもの」を買って帰宅した。「あるもの」についてはまた後日...!

どうしてイヤホンを買っただけで記事がこれほど膨大になるのかわからないが、とにかく美しいBlogがより一層華やいだ。今日も読んでくれてありがとう!

それではまた、ごきげんよう!

 

もし同じのを購入したばかりのお友達がいたら、この記事最下層の付録も見てみよう! 

(付録)キミも機械戦士になろう!WF-1000Xの、簡単な基本操作や使い方メモ

・本体にボタンが付いており、下記設定ができる。

左は設定用。アンビエントサウンド(周りの音を拾う)→OFF→ノイズキャンセリング→OFFと設定できる。

右は操作用。再生・停止(いずれも1回)・次の曲(2回)・前の曲(3回)と操作できる。

・連続して使用できるのは2時間程度。ケースに収納すれば充電できるので、片道2時間通勤まで使用できる(ほぼ大丈夫)ということになる。

・SONY製品なので、SONYが囲いたがる。いったい何かと言うと、快適に使用するためには、Bluetoothで接続する他にSONYのアプリをダウンロードする必要がある(「HeadphonesConnect」(接続用)と、必要に応じて「MusicCenter」(音楽再生用))。

・右耳が聴こえないときは、右耳のスイッチを長押ししてみよう。

・使い終わったら、再生を停止してそのままケースへ戻して終了。赤くイヤホンが光っているのを確認。

以上