ステキな4コマ

毎日更新。茶の間で日記と映画の話をするブログ

帰宅するとスーパーの天ぷらがデカくなる理論

イモの天ぷらを買う私達

ある平和な日、ヨークベニマルでイモの天ぷらが売っていた。そうめんの付け合わせにしようということで、喜んで買って帰った。ボリュームもちょうど良さそうだ。

帰宅してデカくなった天ぷら

ところが、家に帰るとスーパーで買った天ぷらがでっかくなっていたのである。売り場ではスマホに毛が生えたくらいの大きさだと思っていたのに、帰宅したらカレー皿からはみ出とる。これ小学生の筆箱くらいはあるだろ。芋1本を縦に切ったような感じだ。ちなみにつゆはそうめんと天ぷらで一石二鳥といったところ。

それにしてもスーパーで見るのと家で見るのとで、どうしてイモの天ぷらの大きさがこんなに違って見えるんだろう。コメダでメニュー見てカツサンド頼んで実物がめちゃくちゃでかかったみたいなもんか。いや、おそらくもっと大きいイモの天ぷらと比べて小さく見えていたんだろう。「これくらいならちょうどいい」みたいなのってあてにならんな。だが、買って縮むよりは断然良いわ。ごきげんよう~