ステキな4コマ

毎日更新。実家の茶の間のようなコンテンツを発信。

ローカル仏壇屋「ほこだて仏光堂」の一休さんは各地にいた!

盆と正月に活気付くのが仏壇屋である。カーラジオで宮城県民おなじみの仏壇屋のCMソングが流れるが、ある箇所を数十年聞き逃し続けている

い~っきゅうさん一休さん♪
ほこだ~ての一休さん♪
●×△□ ●×△こころ♪
一休さんの、ほ~こ~だ~て~♪


なんの心って歌ってるんだっけ?と思い調べた。母は「ともしびがどうとか言っていた」とのこと。調べたところ、「ともしび ともすこころ」であった。だいたい母の言ったとおりだった。このCMを見ると懐かしいローカル感があふれる。

ところが、上記を調べた過程で、一休さんをめぐる相当深い背景を知ることとなった。というのも、一休さんのほこだて=ほこだて仏光堂は宮城県ローカル企業であることは違いないが、各地にローカル一休さんの仏壇屋があり、この歌も店名を差し替えるなどして使われているのだそうだ。しかし、資本関係やフランチャイズでは無いという。

この話の正体は、一休さん(&うさぎ&たぬき)のキャラクターとあの歌を用いたCM制作を請け負っているところがあり、そこに発注すると自動的に一休さんの●●に仲間入りできるというものであった。なるほど、だから一休さんの●●同士には資本関係があるわけではないのだな。なんとこの情報がニコニコ大百科にあり、知った次第。各地の皆が一休さんという概念のもとにローカル感を感じていたことを知り、もしかしたら歌詞も聞き逃したりしているのだろうかと考える。

ちなみに「ほこだて」ってなんだよ!と思い調べた所、名字が発祥だった。鉾建(ほこだて)という、宮城・福島・北海道などの地域ローカル名字であるとのこと。ちょっと蒲鉾要素があるから宮城ローカル臭を勝手に感じ取る私であった。ごきげんよう~