ステキな4コマ

ごきげんよう!4コマも描けて機械学習も分かる超人、ダンディの美麗Blogである、

リアクション&血の気倍増の「英語版ラピュタ」を見た

ごきげんよう!

今回は金曜ロードショーで「天空の城ラピュタ」をやっている。何回見ても面白いなあ!ところで我が妹・エッティは大のジブリ好きで、宮崎駿監督作品集を持っているのだが、実はこれ作品によっては英語版を視聴できるのだ。少し前にラピュタの英語版を視聴したところ、作品が全くの別物のように楽しめたので、その記録を簡単に記す。

宮崎駿監督作品集 [DVD]

宮崎駿監督作品集 [DVD]

 

全体的に、音の鳴っていない場面が大幅に減り、展開が早く感じる。とにかくBGMやセリフが足されている。リアクションも大幅にアップし、血の気も増え、少し違ったキャラクターのように感じるのもおもしろい。とにかく、音だけ聞いてると何の映画かわからないくらい別物である。それでは見てみよう。

序盤(二人の出会い~洞窟へ落ちるところまで)

・パズーとシータが海賊船の見張り台で二人でしゃべってる時の曲(つまり終盤の曲)が最初から流れる
・BGMはオーケストラで演奏
ボロエンジンに親方がずっと文句を言っている
・ボイラーの火を落としたあとにおやすみの挨拶。Good night!
・鳩に襲われるシータをパズーが笑わない。紳士

20190830215231
口の写っていないところはとにかくセリフを入れる
・親方とドーラ一家が殴りあうところで人の歓声。どんだけ血の気が多いんだ
・走るときの息遣いがうるさい
・機関士さんのテンションも高い(海賊を倒すと「アーハハハー(高音)」と言う)
・飛行石の輝きを見たドーラのリアクションが大きい

中盤(洞窟~ラピュタに到着するまで)

・ポム爺さんが石をハンマーで割れば「Wow...」とリアクションを取る二人
・「石が欲しいならあげます」の時点でシータ激怒
・パズーが黙って転ばない
・娘はあそこですと言われたモウロ閣下のリアクション
・フラップターから眺める谷が、いいちこのCMのような雰囲気に

20190830220246
・ルイが「いい...」って言わない
・厨房のドアをノックするとシータが「comein~♪」とノリノリで応答

後半(ラピュタ~)

20190830223209
・とにかくラピュタ内で飛行石BGMが多用される。
・黒服に体当たりをかますシータが頼もしい
・ドーラが屁をこく(?)時の周囲のリアクションがでかい。HOOOOOOOWみたいな
・モウロ閣下御一行、床が下がっていくだけなのに阿鼻叫喚。リアクションがラピュタの雷を見たとき並み
・「死ね!」は「Goodbye!」マイルド
・穴を広げようと銃を構えるパズー。「下がって」が「Here we go」 になっている。ちょっとシータに気を遣え
1minute待ってやる。「なにしろ時間が無くてよ」状態である。

20190830220750
・「バルス」が渋くて落ち着いている
ムスカの悲鳴にエコー
・ラピュタからパズーたちが戻ってくると、ドーラ一家は相変わらずシータ推し。日本語版と同じで安心した
「君をのせて」がかかるギリギリまで何かしゃべっている

 

以上のように最初から最後までたいへん賑やかなラピュタで、とても楽しかった。一味違った(ぜんぜん違った)雰囲気のラピュタも楽しいので、ぜひ視聴してみてほしい。
ところで「ラピュタ」でフリー写真検索すると、伝説のクソゲー「デスクリムゾン」の実写OPの舞台になった友ヶ島が表示される。ある意味伝説の島ではある。私は聖地巡礼で上陸したことがあるが、それはまた別の機会に...

20190830222657

それではまた、ごきげんよう!